読み込み中

 

色のつぶやき

出来ないことが出来るようになるって楽しい!!

最近、おやつ屋さんですか?っていうくらい毎日のように米粉のスイーツを作っている
山口県の色あそびニストmakiこと、カラーセラピストの福田真紀です☆

 

 

私がどれくらいお菓子を作っているかというと

レーズンバターサンド
レーズンバターサンドクッキー

 

オートミールクッキー
オートミールクッキー

 


ココアと甘酒と八朔のパウンドケーキ

 


お豆腐ガトーショコラ

 

作っては食べ、どうしたらもっと美味しくなるのか?を考えて、また作っては食べ…の繰り返し。
もはや「米粉あそびニスト」です。

私は子どもの頃から何かにハマると、そればー------っかりやるという習性があって
それはもうひたすらとことん飽きるまでずーっとやり続けます。
ただ、次にやりたいことが見つかった時の飽きっぷりもすごいのですが(笑)
ブームが来て去っていくのと似ています。

 

今は「米粉スイーツ作り」がマイブームで、時間さえあれば作っているという感じ。
昨日は初めてスポンジケーキにも挑戦しました!
米粉のスポンジケーキ
これが大成功!スポンジケーキに至っては小麦粉でも成功した試しがなかったのですが
レシピ通りに丁寧に作ったら、米粉でもふわふわ~なスポンジができました!!


長時間経ってもしぼまなかった!!うれしい!!

 

 

私は何かをやる時に、それを極めたくてやっているというよりは
出来ないことが出来るようになった時の
「おぉ!!できた!!」っていう感覚とか
「私ってすごいじゃん!!」っていう感覚を得たくてやっている感じなので
今までもいろーんなことをやってきましたが、実はどれも極めている感覚はないんです。

 

とにかく「作ること」「実験すること」「仕組みを知ること」が好きなだけで
たまたまその時に興味を持ったものを使って
作ったり、実験したり、仕組みを知ったり…を繰り返して出来る喜びを味わってきたんだろうなーと思います。
そしてそのたびに「私ってすごい!!」って思うから、勝手に自己肯定感があがる(笑)

 

 

「出来ないことが出来るようになる」って、本来すごく楽しいはずのことだと思うんです。
子どもの頃ってみんなそうだったはず。

でも大人になるにつれて、出来ることしかやらなくなったりする。
「私にはどうせ出来ない」って決めつけたり
「失敗したら恥ずかしい」って思いが勝ってしまって挑戦するのをやめてしまったりする。

 

 

でもね、全てのことには「始まり」があります。
初めてやることは「出来なくて当たり前」なんです。
だから失敗も想定内だし、失敗から学べば良いのだし、失敗がないとそれ以上の成長はありません。

 

 

「成功」の反対は「失敗」ではなく、「挑戦しないこと」。

挑戦するから「出来る喜び」を感じることもできて
挑戦するから「学べること」があって「成長」できる。

「やってみたいけど飽きっぽいからずっと続けられるか自信がない」
という人も多いですが、飽きるかどうかなんてやってみないとわからない。
やってみて「違うな」と思えば辞めたらいいし
使わなくなった道具や材料は使ってくれる人に譲ればいい。

 

一回始めたら一生続けないといけない!なんてルールはないのだから
やる前から諦めるのはもったいないなぁと思います。

 

何事もハードルを上げ過ぎると前に進むことはできません。
子どもの頃に感じていた「できたよー---!!!」っていう喜びを味わう感覚を大事にしたいですね^^

 

色あそびニストmakiのカラーセラピスト養成講座も「できたよー!」の喜びを大切に教えています。
初めからうまくできる人なんていない!間違えても大丈夫!
そんな心の部分もサポートしています。

 

ただいま2月・3月スタート生を募集中です。
やってみたいな!挑戦してみようかな!と思った方はお気軽にお問合せくださいね^^

>>お問合せはこちらから

山口県カラーセラピー

 

 

ニュースカテゴリー